• ホーム
  • 髪に良い栄養素と食事を知る

髪に良い栄養素と食事を知る

人間の体は食事から摂取した栄養素で作られていると言っても過言ではありません。
そしてこれは髪に対しても言えることです。髪に対して良い栄養素や食事を知っておき、それらを意識して摂取することは、髪の健康や美容を作り出し、維持することにつながると考えられます。
髪に対して良いとされている栄養素ですが、これはタンパク質、亜鉛、ビタミンが代表的なものとして挙げられます。

まずタンパク質ですが、これは人間の皮膚、筋肉、そして髪の毛などの材料となっている栄養素です。
そのためこれを摂取することは、髪の材料を摂取していることにつながります。タンパク質の中でも、特にケラチンと呼ばれる種類は、髪の主成分なのでぜひ摂取しておきたい種類です。

なおタンパク質はアミノ酸が集合してできている栄養素です。そのためアミノ酸の摂取でも望ましいと考えられます。
ケラチンを構成しているのは、シスチンやロイシン、グルタミン酸などのアミノ酸です。

それから亜鉛です。
亜鉛は、タンパク質を実際に毛髪に合成させる際には欠かすことができない栄養素です。
加えて細胞の代謝に対しても作用を持っているので、毛母細胞の分裂、成長促進に対しての効果も期待できます。

そして毛母細胞や頭皮の代謝と言う面に関して重要なのが、ビタミンです。
この内、ビタミンB群は毛母細胞の働きを活性化させ、更に頭皮の皮脂バランスを保つことに対しても効果的だと言われています。
またビタミンEには、毛母細胞に栄養を届ける役割を果たしている血流をスムーズにする作用があると言われているので、やはり髪に良い栄養素だと言えます。

こうした栄養素を踏まえた上で、どのような食事が良いのかと言うと、まずタンパク質摂取のためには、肉や卵、魚や大豆製品、乳製品の摂取が望ましいです。
大豆製品に関しては、女性の薄毛に作用が期待できるイソフラボンも多く含まれているのでおすすめです。
それから亜鉛は、レバーや牡蠣に多く含まれています。ただ食事からの摂取量はあまり良くないので、できればサプリメントを利用した方が効率は良いです。

そしてビタミンB群は鮭や鮪、青魚、豚肉、バナナに多く含まれており、ビタミンEは煎茶やアーモンドなどに多く含まれています。
ただこれらだけを食べていれば良いと言うことはなく、ミネラルの摂取などのことを考えると、海藻類や野菜などを組み合わせて、バランスよく食べるのが望ましいです。

生活習慣が薄毛に影響するってほんと?

生活習慣が薄毛に影響すると言うのは本当のことです。生活習慣と一口に言ってもいろいろな習慣があるのでそれらを順に見ていくと、まず睡眠に関する習慣です。
極端に睡眠時間が短い、睡眠不足が続いている場合には、成長ホルモンの分泌量の減少が引き起こされます。成長ホルモンは睡眠中に、その分泌が最も盛んになるためです。

頭髪が生え、育っていく、あるいは頭髪に対してのダメージの修復には、成長ホルモンの作用を受けることが必要不可欠であるため、睡眠不足が続いたりすると頭薄毛への影響は大と考えられます。
また成長ホルモンには、頭皮の代謝を促しその状態を健康的に保つことに対しての作用もあるので、睡眠不足によってそれが行われにくくなると言うのも薄毛を引き起こしやすくする要因だと言えます。

それからお酒やたばこです。まずお酒ですが、これは適量であれば血行を促進するため、健康にとっては良いと言われています。
しかしその量が過ぎたり、お酒を飲む頻度が高い場合には、血行不良を引き起こしかねないとされています。

そしてたばこですが、これは精神的満足感を得られると言うこと以外には、百害あって一利なしです。
血行不良を招き、更にはたばこの中に含まれている有害物質は血管に大きなダメージを与えます。血流や血管の状態は、薄毛ともとても関係が深いです。
髪の毛は毛母細胞が分裂を繰り返すことで育ち、生えてくるのですが、この際、毛母細胞が分裂のためのエネルギーとしているのが血液に混ざって届けられる酸素や栄養です。

よって血流や血管の状態が悪化すると、毛母細胞に届けられるこうした酸素、栄養の量も低下しやすくなるため、薄毛が出やすくなると言うのがその理由です。
そのため髪の健康のことを考えるのであれば、お酒はほどほどにし、たばこは今すぐ止めるのが賢明です。