• ホーム
  • 薄毛にも種類がある!脂漏性脱毛症

薄毛にも種類がある!脂漏性脱毛症

薄毛が起こる原因には色々な種類があります。その中の1つに挙げられるのが「脂漏性脱毛症」です。
脂漏性脱毛症は薄毛の引き金となる脱毛症の中でも、ポピュラーな種類なので頭皮がどのような状態になるかなどを、チェックしておく事をおすすめします。

脂漏性脱毛症は、頭皮の皮脂分泌が増加した事によって起こる脱毛症です。
頭皮にいるマラセチア真菌という常在菌が、皮脂をエサとして増え過ぎた事により頭皮や毛穴が炎症を起こしてしまい、髪が抜けてしまい薄毛となってしまいます。
マラセチア真菌が皮脂をエサとして分解すると、遊離脂肪酸という刺激の強い物質が作られ、この物質が刺激となり炎症が起こるという仕組みです。

脂漏性脱毛症は大きく分けて、2つの種類があると言われています。激しい炎症による脱毛が起こる脂漏性脱毛と、毛穴に皮脂が詰まることで発生して薄毛となる粃糠性脱毛です。
脂漏性脱毛はかなり強い痒みを伴うのが特徴で、炎症が広がると薄毛となる部位も広がってしまいます。また黄色っぽい、液体のようなものが出てくるケースもあるようです。

粃糠性脱毛は皮脂が毛穴に詰まる事で起こるので、毛穴詰まりによってフケが大量に増えるのが特徴です。
脂漏性脱毛症の原因となる皮脂を落とそうと、ゴシゴシ頭皮を洗ってしまう方も多いようですが、正しい方法で改善しなければかえって頭皮環境は悪化してしまいます。

頭皮環境が悪くなると、ますます皮脂分泌が増えてしまい頭皮の問題も、起こりやすくなるので注意しましょう。
脂漏性脱毛症は素人が勝手にケアしても、改善する事が難しい脱毛症です。
ですので、フケが増えた・頭皮の痒みが強くなったなど頭皮に問題がある場合は、医療機関を受診して診察を受ける事をおすすめします。

脂漏性脱毛症は一般皮膚科での治療で改善できる薄毛です。
何となく治療に抵抗を感じるという方も、脱毛が広がってしまう事もある脂漏性脱毛症は、早めに治療を始めてケアしましょう。

頭皮環境が悪ければ育毛は不可能

脂漏性脱毛症は頭皮の皮脂分泌が増加し、頭皮にいる常在菌「マラセチア真菌」によって、頭皮や毛穴が炎症を起こす事で起こります。
育毛剤などを使ってケアしても、頭皮環境が悪ければ育毛は不可能です。炎症を起こしてしまう脂漏性脱毛症はまず、頭皮の炎症を鎮める治療から始めましょう。

一般皮膚科などでは頭皮の炎症を抑える為に、ステロイド剤など炎症を鎮める抗炎症剤や、マラセチア真菌の増殖を抑える抗真菌剤などが処方されます。
抗炎症剤や抗真菌剤で治療を行い、まずは炎症をストップさせる事から薄毛ケアを行いましょう。シャンプーは抗真菌成分を配合したものがおすすめです。
シャンプーをしたら頭皮に、シャンプーの成分が残らないよう、しっかりすすぐようにします。残ったシャンプーの成分が毛穴を塞ぎ、頭皮環境を悪化させてしまうからです。

また、頭皮のケアだけに力を入れるのではなく、生活習慣の見直しも脂漏性脱毛症予防になります。
皮脂分泌を増加させてしまうような、脂質の多い高カロリーな食品は避けるようにしましょう。ビタミン類やミネラル類といった栄養素を十分に補う事も大切なケアです。

また、タバコやアルコールなど頭皮に刺激となるような嗜好品は避けます。
特にタバコは頭皮の血行を悪くしてしまい、薄毛を引き起こす原因になってしまうので禁煙するようにしましょう。
アルコールの摂り過ぎも皮脂の過剰分泌に繋がるのでおすすめできません。

この他にしっかりと睡眠をとる、ストレスを溜めないといった事も脂漏性脱毛症予防には必要です。
脂漏性脱毛症になってしまったらまずは治療を受け、その後は頭皮環境を悪化させないよう生活習慣を改善する事が、育毛に繋がります。