• ホーム
  • ハゲはどこまで許される?女性の本音とは

ハゲはどこまで許される?女性の本音とは

ハゲは女性に嫌われるのではないかと思っている男性は多いです。ハゲていることで、女性に対して積極的になることができないということもあるでしょう。

ここで、女性にアンケートをとることで分かった、本音を知っておきましょう。
実はハゲを気にするというのは、10代の学生など若い人に多い傾向がありますが、20代以降になるとそれほど気にならないというのが本音のようです。

ハゲという一部分だけを見るのではなく、顔や清潔感、性格などの中身を知ることで、ハゲでも許せるという女性は多いです。
許される範囲が知りたいという男性は多いですが、それほど範囲を気にする必要はありません。
薄毛の印象だから好きにならないということはなく、話している相手の印象などから好意を抱くという人が多いです。

許せる、許せないというのは、人間関係を狭めてしまう原因になります。
人を好きになる時、男性も女性も顔を重視するという人はいますが、顔だけがすべてではありません。
中身を知ることで恋愛対象になったり、今まで友達だったのに、何かのきっかけで好きになるということは珍しくありません。

恋愛対象になろうとするばかりに、焦ってしまいハゲを隠して付き合うといった、ネガティブな人に対しての印象は悪くなることがあります。
自分の印象を良くしたいというのは、性別を問わず誰もが行うことですが、ハゲという部分だけを隠すというのは、良くありません。

恋愛対象になる男性は、顔や中身などを含めて、総合的に見られています。
気が付いたら好きになっていたというのが、理想的な流れですが、自分の好みだけではなく、性格などを含めて考える必要があります。
ハゲだから誰からも恋愛対象にされないであろうという、マイナスなイメージを自分で作ってしまうことが一番良くありません。
ハゲというのは、体の特徴のひとつであって、その人をあらわすすべてではありません。考え方や話し方など、人間性が分かるものは他にもたくさんあります。

薄毛はこどもにも遺伝するのか

ハゲている人が心配になるのが、薄毛は子どもに遺伝するのかという点でしょう。薄毛の悩みを知っている分、自分の子どもがハゲてしまったらかわいそうだという思いが強いです。
中には、薄毛が遺伝することを恐れてしまう人もいるほどです。

しかし、子どもに薄毛が100%遺伝するということはありません。背が高い、低いといった体型や体質は比較的遺伝しやすいことが知られていますが、自分だけの遺伝子で子どもができるわけではありません。
男性と女性の遺伝子を引き継ぐのが子どもです。

さらに、薄毛というのは、体質や遺伝だけで決まりません。食生活などの日常生活の影響を強く受けるという特徴があります。
遺伝的に薄毛になりそうだということがあれば、生活を気を付けることである程度薄毛を防ぐことは十分可能です。
髪の毛に良くない生活というのは、睡眠不足や栄養の偏りなど、身体にも良くない生活のことです。

女性としても、自分の子どもが薄毛になってしまったらどうしようと考える人は少数です。男の子だったらかわいそうと考えて出産にのぞむ人はほとんどいないでしょう。
自分の子どもというのは、性別などに関係なくかわいいものです。子どもの薄毛の心配ばかりしている妊婦さんはいないでしょう。

ですから、薄毛の遺伝を気にして家庭を持つことを諦める必要はありません。好きな人と結婚して一緒に暮らしたいというのは、自然な思いです。
ゆくゆくは子どもも欲しいと考えるのも自然な感情で、そこに薄毛を気にしてしまうというのは、コンプレックスが入っているためです。
薄毛になるとかわいそうだからと、子どもを諦めてしまうというのは、よく話し合って決めるべき問題で、男性だけが気にし過ぎているというケースも少なくありません。